• 百合学院
  • 認定こども園 百合学院幼稚園
  • 百合学院小学校
  • 百合学院中学校
  • 百合学院高等学校

06-6491-6298 〒661-0974 兵庫県尼崎市若王寺2-18-2

資料請求

ゆりっこ通信

ゆりっこ通信

  • 2019年11月20日(水)

  • シスターのお話『半日村』

今日は、1つのお話を読みます。

 

むかし、あるところに、半日村と呼ばれる村がありました。

IMG_E1155

どうしてそんな名前がついたかというと、その村は後ろに高い山があって、朝、太陽が出ても、山の影になって、半日しか陽が当たらなかったからです。半日村は、他の村に比べると、お米も半分しかとれませんでした。

半日村に、一平という名の少年がいました。ある晩、お母さんとお父さんが「あの山さえなければいいのにね」「山を動かすわけにはいかない、諦めるより仕方がない」と話しているのを聞きました。

一平は次の日、袋をかついで山のてっぺんまで登り、そこの土を袋につめておりてきて、「ざぁーっ」と湖にあけました。毎日一平がそうするのを、子どもだちは笑って、ばかにしていました。そのうちに、なんだかおもしろそうな気がして、まねをしだしました。三人、四人とだんだん増えて、そのうち、大人も手伝うようになりました。こうして村中の大人たちも仕事の合間に山に登り、土運びをするようになりました。

何日も何日もそうしていると、山が少しずつ低くなって、村に陽が当たる時間が少しずつ早くなってきました。こうして何年も何年も土運びが続けられました。

やがて一平や子どもたちは大人になりました。一平の息子たちも頑張りました。とうとう山は半分の高さになって、一日中太陽が当たるようになりました。

IMG_E1156

湖は土で埋められ半分になって、田んぼができました。それから半日村は1日村と呼ばれるようになりました。

 

イエス様は、悲しんでいる人、苦しんでいる人たちのために働かれました。今も働いておられます。そして、私たちに協力を求めておられます。みんなが一緒になって働くとき、世の中を明るく平和にすることができるのです。

ちょうど、半日村が1日村になったように。

  • 資料請求
  • お問い合わせ

百合学院小学校 06-6491-7033